賃貸管理は第三者に任せよう|手間が省ける

相続税対策になる

メンズ

不動産経営の素人でも安心

相続税の基礎控除が減ったことから、相続税対策として賃貸アパートやマンションを建てたいと考える人が増えてきました。しかし不動産経営は思っているよりも難しいものです。夜遅く騒いで近所に迷惑をかけたり、ゴミの回収日以外にゴミ捨てを行う人もいます。またエントランスなど公共部分をきれいに使わない人もいます。家主はこういった問題が起これば全部対処しなくてはいけません。不動産経営に対して何の知識がない人や、自分で色々なトラブルを解決するのが面倒だという人に人気なのが不動産会社による一括借り上げです。一括借り上げは不動産会社がアパートやマンション、一戸建てなどの賃貸住宅を家主から借りて運営を行うシステムです。運営は全て不動産会社が行うため、家主は何もする必要がありません。また建物を建てる時にも不動産会社からサポートを受けることができます。どのようなデザインの建物が人気があるのかや必要な設備、家賃設定など相談できるので、知識がなくても始めることができます。一括借り上げの良い点は、家賃収入が安定することです。貸す部屋があっても入居者が見つからないと家賃収入は入ってこない為、安定した不動産経営をするためには入居者の確保が何より大切になります。通常なら家主は入居者確保のために様々な努力を行う必要がありますが、一括借り上げの場合には不動産会社が家賃を保証してくれます。例え空き部屋があったとしても、満室の状態で計算した家賃が家主に支払われるので何の心配もいりません。また一括借り上げは長期契約なので、自分だけではなく子供の相続税対策にもなります。