賃貸管理は第三者に任せよう|手間が省ける

つみき

利用方法を活用する

airbnbは自分の持っている部屋などを貸すために、人にアピールできる場所です。このサイトは世界規模で利用されているので、代行業者に運営を頼む人も多くなっています。代行業者を選択する場合には、どこまで業務を依頼するか考えておきましょう。

メンズ

相続税対策になる

相続税対策として賃貸住宅を建てたいと考える人が増えていますが、不動産経営は知識が必要な上様々なトラブルに対処することも必要になってきます。面倒なことはしたくないという人に人気があるのが不動産会社による一括借り上げです。運営は全て不動産会社にやってもらえ、満室の状態で計算した家賃が家主に支払われます。

サービスの状況調査

アパート

利用者の声を確認

賃貸管理を業者に委託するときには信頼性の高い業者を選ばなければならないでしょう。どのようなレベルで賃貸管理を行ってくれるかによって、入居率の高さも物件の維持しやすさも日常的な業務の必要性も大きく左右されます。業務範囲は書面上で定められていたとしても、その品質については推し量るのが難しいのが事実です。入居者募集の行い方、クレーム対応の早さや丁寧さ、管理内容の報告の細かさ、清掃の徹底度といった様々な点が業者間で異なっています。実際に賃貸管理を依頼してみなければわからないのも確かであり、できるだけ短期間の契約にして自分で比較検討を行うのも良いでしょう。しかし、長期契約を勧められてしまうことも多いため、予め状況調査を行ってみるのも良い考え方です。相談した業者に実際に賃貸管理を行っている物件について紹介してもらうのが単純でわかりやすい方法になります。その物件を実際に見に行くと清掃がよく行われているかについては外から見てもよくわかるでしょう。その物件のオーナーを探し当てて聞いてみると利用者の立場からサービスの状況について良い点も悪い点も話してもらえる可能性があります。特にこのような話を持ちかけると不満点を話してくれるオーナーは多いため、何が問題になりうるのかを事前に確認することができるでしょう。このような利用者の声に基づく調査を行った上で業者を選定すると賃貸管理が充実するだけでなく、起こり得るトラブルも想定しておくことができるのです。

模型

訪日観光客の増加

首都圏の不動産価格の上昇によって大阪の収益物件が相対的に割安になっています。大阪では訪日観光客の増加の恩恵を受けて住宅やホテルの収益物件が増加しています。民泊の規制緩和に加えて低金利が後押しして、利回りが低くても開発できる環境になっています。今後は商業施設も収益物件の対象として期待されています。